憧れの着物を着こなす

憧れの着物を着こなす人、着物を上手に着こなす人の着物紹介サイト

reccomend

着物買取
着物買取
まずは、弊社の着物の買取実績を ご覧ください。

和服
和服とは
日本在来の衣服のこと。近年では日本における民族服ともされる。

着物のたたみ方
着物のたたみ方
きものや帯は、保管するときに正しくたたんでいないとシワになり、傷めてしまうこともあります。

憧れの着物を着こなす

着物紹介サイトには、着物を上手に着こなす人を紹介しています。また、着物の買取を行っております。着物はほとんどの方の場合たんすに眠っていたりします。捨てるにも思い出のあるものや、高価な着物だからと捨てずにとっておくのですが、殆どの場合、着こなすことは非常に少ないかと思います。いざ着物を羽織ってみると身丈が短いとか裄が短いとか、そんな事があると思います。このような場合はどうしたら良いのでしょうか。実は眠っている着物はアンティーク着物が多いわけですが、昔の人に比べて現代人は身長が高かったり、手足が長かったりするわけです。

こうなるとますます着物はタンスに眠ってしまいます。このアンティーク着物を有効活用するために素敵に着物を着こなす術があります。まず身丈ですが、理想はプラスマイナス5センチが理想なんですが、これよりも長い場合はおはしょりの処理を丁寧に行うことによって問題なく着ることができます。また短すぎる場合には、おはしょり処理なしでの着方をおすすめしたいと思います。例えば、帯を普段よりも幅広にしてみたり、根付や帯留めなどで視線を他に集中させることによって、意外と綺麗に着こなせることもございますので試して見ることも一つの手かもしれません。

憧れの着物を着こなすとやはり綺麗に写真を取りたいと思います。このきれいな写真のとり方を紹介していきます。写真撮る時には、当然ポースをとると思いますがまずオススメしたいのが座りのポースです。この座りのポーズでは浅めに椅子に腰掛けること綺麗になりますし、その際は背筋を伸ばして下さい。あと綺麗に写すテクニックとして、カメラに向かって斜めに身体を向けること綺麗に写すことができます。膝から下は斜め後ろで揃えるようにし、重ねた手は太ももから少し浮かすようにすると良いかもしれません。

次は立ちポーズの場合ですが、この時も背筋はピント伸ばして下さい。そして、丹田を意識してお腹を凹まし、カメラに向かって身体を斜めすることも綺麗に写すことのポイントになります。指先を意識するようにして手は小さく見せ、軸足の親指に重心をかけると良いです。最後にアップのポーズですが、基本的に立ち方は立ちポーズの時と同じで、カメラに向かって身体を斜めにすることがポイントです。これは常に意識するようにすると、着物以外でも良いかもしれません。ただ、アップのポーズの場合は体全体が映るわけではないので、手の動きを活用して綺麗に撮ることをおすすめします。

■おすすめサイト

加賀友禅の買取には確かな鑑定士がいること、相場を把握しておくことが大切です

What's New