憧れの着物を着こなす

憧れの着物を着こなす人、着物を上手に着こなす人の着物紹介サイト

reccomend

着物買取
着物買取
まずは、弊社の着物の買取実績を ご覧ください。

和服
和服とは
日本在来の衣服のこと。近年では日本における民族服ともされる。

着物のたたみ方
着物のたたみ方
きものや帯は、保管するときに正しくたたんでいないとシワになり、傷めてしまうこともあります。

着物を楽しむ

着物を楽しむと言っても、近年はほとんど日常で着ている人は見かけなくなっています。特別なイベントや花火大会などの祭以外は着ることがないという人がほとんどだと思います。着ない理由として、みんながほとんど着ないので抵抗を感じる、着付け方がわからない、動きにくそう、などが多くあげられています。しかし、周りの人が着ないので抵抗を感じる必用はないです。日本の伝統的衣装ですので、抵抗までは感じなくて良いと思います。

動きにくい、というのは多少あるかも知れませんが、案外そんなことがないと感じる人がほとんどですので、一度着て、試してみてください。最後の、着付け方がわからないというのは、日本のものなので、機会を作って教室などで教えてもらうのがお勧めですが、どうしてもそこまでに至らないという方は、着付けが簡単なタイプ、ワンタッチのものも売っていますので、そこから手を出してみるのもお勧めです。楽しむためには、柄もとても大切になってきます。ほとんど着ない初心者の方は、好きな色で好きな柄を選んだものを一着と落ち着いたイメージのものを一着持っていると便利です。

こうすれば、イベントごとで分けられていざという挨拶行事などでも、何かと便利です。着物を楽しみたいとはいえ、どこから手を出せばよいかわからないという方も多くいます。 まず、ほとんど着ない人は、祭や花火大会から試してみるといいです。次は、温泉街などへ旅行へ行ったときなどに、温泉に使った後の夕食までの時間や夕食後に、自前のものを着て町を歩いてみると、気分も盛り上がります。夏の観光地の夜は、雰囲気がある場所が多いので、お土産選びや、甘味などの軽食を楽しみながら、散歩をするのがお勧めです。

自前のものを着ていれば、きっと思い出のひとつになります。最近では、秋頃に行われる夏のイベントの打ち上げ行事や、会社や学校などの団体で行われる、夕涼み会などの行事で、着ていく人も多くなってきています。お正月の挨拶周りや帰省のときに、着ていくというのもお勧めです。初詣の時は、大変混雑する場所へ行かれる方は、注意が必要です。地元の神社へ行かれる方は、風情もあるのでお勧めです。このように、日本の伝統的な行事や、和風テイストなイベントや和室での催しなどに参加する機会は、一年を通して案外身近に多くあるので、そのような場所で、活用するようにすれば、十分に楽しむことができます。一度試してみることをお勧めします。