憧れの着物を着こなす

憧れの着物を着こなす人、着物を上手に着こなす人の着物紹介サイト

reccomend

着物買取
着物買取
まずは、弊社の着物の買取実績を ご覧ください。

和服
和服とは
日本在来の衣服のこと。近年では日本における民族服ともされる。

着物のたたみ方
着物のたたみ方
きものや帯は、保管するときに正しくたたんでいないとシワになり、傷めてしまうこともあります。

和装小物色々

呉服店や和装用品店へ行くと、様々な色や柄を取り揃えて並べられている和装小物色々に思わず目を奪われてしまうことがあります。中には一級の美術品と並べても決して見劣りしないような、繊細で美しい趣向が凝らされたものもあり、つい時間が経つのも忘れて見入ってしまうことがあります。たとえ同じ着物であっても、合わせる帯や小物によって、着物の印象はガラリと変わります。実際にどのようにコーディネートするかを考えた場合、もちろん好みはありますが、その季節に合った柄や素材のものを選ぶことはとても大切です。

ただ、それだけではなく、もう一歩進んで、自分はこれを着て、どのような場所にどのような目的で伺おうとしているのかを考えた上でコーディネートを決定するのが、素敵に着こなすワンポイントになります。伺う場の格にそぐわないようなコーディネートをしてしまいますと、たとえ、着物や小物を単品でそれぞれ見た場合にはとても素敵な品物であっても、その場の雰囲気を壊してしまいますし、何よりも先方に対して失礼にあたってしまいます。たとえば、草履ひとつとってみましても、留袖や振袖に合わせる場合には、かかとが高めで、台と鼻緒の色が同じものを履くのがマナーです。

 留袖や振袖を着ていくような席ということになると、普通に考えて、結婚式などのある程度改まった席であるということになります。礼装であることが求められるような席には、それなりのマナーに従った着こなしが一番しっくりします。いくら台と鼻緒の色が違った素敵な草履を見つけたとしても、その草履を履きたいのであれば、別の席へ出席する際に、小紋や紬に合わせて履くべきであって、礼装としての留袖に合わせて履くべきものではありません。

もっと言えば、最近はおしゃれな下駄もたくさん出ていますが、いくら着物との相性がバッチリであっても、下駄はやはりあくまで普段履き用のものですから、正式なパーティなどにはそぐいません。ごく稀に、自分のファッションセンスに強い自信があり、お祝いのパーティの席などに、個性的な絣に下駄を合わせて出席したりする方を見かけますが、あれはおすすめできません。その場のTPOに合った格の着物、帯、小物を、ルールに従って組み合わせる中で、自分らしさや季節感を表現するのが、一番素敵な着物の着こなしではないかと思います。個性的な小物使いや着こなしは、普段着のおしゃれとして楽しむべきでしょう。着物の着こなしの美しさは、最低限の約束事を抑えた上でこそ、成り立つものだと考えます。