憧れの着物を着こなす

憧れの着物を着こなす人、着物を上手に着こなす人の着物紹介サイト

reccomend

着物買取
着物買取
まずは、弊社の着物の買取実績を ご覧ください。

和服
和服とは
日本在来の衣服のこと。近年では日本における民族服ともされる。

着物のたたみ方
着物のたたみ方
きものや帯は、保管するときに正しくたたんでいないとシワになり、傷めてしまうこともあります。

もっと日常に着物(通販で着物)

着物は日本古来より受け継がれる伝統あるものです。着物が確立されたのは、安土・桃山時代でした。現在の訪問着や留袖の原型が出来た時代と言えます。帯は名護屋帯と言われる組紐の帯で、長いものを何回も体に巻き付け後ろで結んでいました。最も着物が発展したのは江戸時代で、染色技術も発展を遂げました。帯は幅が広くなり、着物もおはしよりが出来るなど、現在とほぼ変わらない様相を呈しています。しかし、明治維新により西洋風俗が流れ込んで来ると、服装面も混乱を引き起こし、大正時代には洋装が流行しました。一方着物は日常のものではなくなりつつありましたが、現代でも改めて着物の美しさや素晴らしさが見直され、日本独自のものとして楽しむ人が増えつつあります。ですが、着物は高価なものであり、簡単に着られない、苦しいと言ったイメージがあるため敬遠されがちです。

敷居が高く、着てみたいと思っていても中々踏み出せずにいる方も多いはずです。そこでまずは、浴衣をおすすめします。浴衣は着物よりも手軽に購入することが出来ます。浴衣と帯、下駄などがセットになって売られているため、コーディネートに悩むこともありません。また、お手入れも簡単です。浴衣に慣れると、もっと日常に着物を取り入れることも簡単に出来ます。例えば、初詣や観劇・お稽古事やショッピングなど、気軽な外出着として用いることが出来ます。小紋や紬と言った着物を選びます。着物の購入は小売店などでも可能ですが、通販で着物の購入をおすすめします。

自宅でゆっくりと自分の好みの着物を選ぶことが出来るからです。まずは、着物を着る季節と目的、好みの色柄、予算などを決めておきます。そして、自分の体の採寸を済ませておきます。近頃の着物通販サイトは、種類はもちろん色柄やサイズも豊富に揃っていて、価格も手頃な物が多数あります。帯や下着から小物まで通販で揃えることが出来る点も魅力です。また、着物初心者の方には洗濯機で丸洗いが出来る着物もあります。これなら外出先でうっかり汚してしまってもお手入れが簡単なので気兼ねする必要がなく、より日常に着物を取り入れやすくなります。徐々に着物に慣れてきたら、訪問着や付け下げ・留袖や振袖と言った少し格式が高い着物に挑戦してみるのも良いかもしれません。日本には、お正月や成人式・七五三と言った着物がふさわしい伝統行事が四季を通じてたくさんあります。日本の民族衣装でもある着物をもっと気軽に取り入れたいものです。